« フランス文学での娼婦の位置づけ | トップページ | バラが咲き誇る庭園と都会の路地裏 »

2014年5月26日 (月)

赤坂の氷川神社と南部坂

 赤坂の氷川神社に行きました。

もともと、本氷川坂を歩こうと思っていたのですが、ちょっと覗いた氷川神社がなかなか素敵だったのです。

Sn3o0765_2

氷川神社の本殿が奥に見えます。

Sn3o0766

境内の木も大きくて、階段も風情があります。

Sn3o07680001_2

 この氷川神社は赤坂氷川神社と呼ばれています。港区にはもうひとつ麻布にも氷川神社があるので、そこと区別するためだそうです。麻布氷川神社は、一本松坂を上がったところにありました。

 

 赤坂氷川神社の近くには浅野土佐守のお屋敷もあったそうです。これは、忠臣蔵の「南部坂雪の別れ」の舞台になった南部坂です。

Sn3o0774

 坂の下には南部坂の道標もありました。ちょっと上が切れているけど・・

Sn3o0773_2

 そう言えば、有栖川公園の横にも南部坂ってありましたね。

 Wikiによると、ここに南部家中屋敷があったのでこの坂は南部坂と呼ばれていたのですが、その後、南部家中屋敷は赤穂藩浅野家と屋敷取り替えとなり、有栖川の方へ移動したそうです。移動した先でも近くの坂に南部坂という名前がつき、赤坂と麻布に南部坂があるわけです。

 赤坂と麻布、氷川神社と南部坂がある所が同じです!

 最後になりますが、勝海舟もこのあたりに住んでいたので、「氷川」翁」「氷川の大法螺吹き」と呼ばれたそうです。

Sn3o0771

 

 

|

« フランス文学での娼婦の位置づけ | トップページ | バラが咲き誇る庭園と都会の路地裏 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂の氷川神社と南部坂:

« フランス文学での娼婦の位置づけ | トップページ | バラが咲き誇る庭園と都会の路地裏 »